キャッシングの利息を安くするために

ローンと違いキャッシングは利用枠が少なく金利も高いため、長期に渡りお金を返済していくことには向いていません。しかしだからと言って突発的な出費にわざわざローンを組むというのも面倒です。そこでキャッシングの返済日を逆算し、返済総額をなるべく低く押さえる方法について考察致します。


キャッシングは返済までの期間をなるべく短く

突発的な出費というと、タクシーや交際費、結婚式のご祝儀などで数万単位の出費が一般的です。即日のキャッシングを利用する際にはその金融機関の締め日をしっかり頭に入れておきましょう。締め日の翌日から新しい利息が発生するため、無駄に締め日をまたいでしまうと二ヶ月分の利息が発生してしまいます。
今は初めての借入から30日間無利息というサービスを提供している消費者金融も存在しているので、そのような金融機関を利用するのも手です。
なるべく少ないお金で返済が完了するようにしましょう。


給料日での返済に向けて計算を

返済期間を短くするためには次に入る給料での一括返済が一番です。締め日が毎月15日だった場合は14日に借入するより16日に借入した方が、利息が安く収まります。給料日が月末の場合は16日以降に多めに借入を行い、余った分は支払日に支払額にプラスして返済してしまう方法をおすすめします。

給料日で一括返済するためには、高額を借入してしまわないように気を付けましょう。次の給料日に返済額で給料の半分がとられてしまった場合、またお金が足りなくなって借入をすることになります。キャッシングには手数料が発生して利息もプラスされるので、借りるという行為そのものにお金を支払うことになりますので、利用する方向性を見失わないようにしましょう。

This entry was posted in キャッシング 即日. Bookmark the permalink.

Comments are closed.